楽天ウォレットとは?登録方法と独自の注意点

楽天ウォレットとは

 

楽天ウォレットは2019年4月より満を持して楽天が展開する暗号資産(仮想通貨)販売サービスです。
みんなのビットコインを買収して楽天ウォレットとしてオープンしました。

コインチェックハッキング事件から、ガチガチになりビビりまくっていた金融庁が久々に認可を出した国産の取引所です。
同じタイミングでディーカレット取引所も認可されオープンしていますね。

楽天ウォレットでできること

具体的には暗号資産の売買が可能です。
現状では成行での販売所形式ということ
かつ楽天銀行と連携し入出金が簡単にできる取引所です。

取り扱い通貨

BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)

現状ではJPY建てとなります
BTC/JPY, ETH/JPY, BCH/JPY

通貨の種類は最低限の3通貨だけ。

相変わらず国内の取引所は変わり映えしませんね

日本で人気のXRP(リップル)は何故かありません

ディーカレットは BTC・BCH・XRP・LTCの4種(こちらはETHがありません)
かつて鳴り物入りでオープンしたSBIバーチャルカレンシーは BTC・XRP・BCH・ETHの4種

これも金融庁のホワイトリストなる意味不明なものがあり、認可を受けるには、あまり多くの通貨を取り扱わない方が無難なため、このようなパッとしない通貨ラインナップになるのでしょう。

これでは、バイナンスをはじめとした海外取引所に顧客を奪われ続けるという現状は当分続きそうですね。
もったいな、、、

個人的には、楽天がこんな普通な内容で続ける気はないと思っていますが、どうでしょうか。。。

何か、隠し玉国産通貨の上場で一発ぶちかましてくれるんではないだろうかと、個人的に期待してます

ディーカレットも国内大企業の提携が凄いので、JRはじめ隠し玉があるんではとも思ってしまいます

楽天ウォレットのここがおすすめ

・楽天会員だと口座開設が簡単
・口座開設無料・・・あたりまえですね
・問い合わせにAIチャットがいつでも答えてくれる・・・流行りのAIでのQ&Aですね
・資産のコールドウォレットでの分別管理・・・今はこれじゃないと認可降りないでしょう、その上で出金スピードが速くできるかが課題

けっこう平凡な内容です。

現状ではあらためてここで売買する人もいないようにも思いますが、楽天銀行との連動だけではなく、新通貨上場、楽天ポイントとか、楽天PAYなどとも上手く連携しユーザーメリットが付加されてくれば面白くはなるかと思います。

今暗号資産売買するなら板取引のある取引所の方がおすすめ

bitbank
quoinex
huobi,japan
GMOコイン

アルトコインが何百種類もある海外取引所なら

BINANCE
CROSS EXCHANGE

Dxexchange

楽天ウォレットの開設・登録方法

楽天銀行のワンタイムパスワード受信用のメールアドレス(前のプロバイダメールで現状使用不可のアドレスでした)を変更していなかった私(あまりいないかとは思いますが)は、開設が最後まで出来なかったので、口座開設される方はご注意ください

楽天会員・楽天銀行口座の2つが必要

楽天ウォレットは、「楽天会員ID」「楽天銀行口座」の2つがあれば登録は早いですが、無ければ口座開設時に同時に作成できます。

登録方法

登録サイト↓
https://www.rakuten-wallet.co.jp/

・右上の口座登録をクリック

同意して進むをクリック

楽天と連携して自動入力されていますので、そのままOKをクリック

全ての書面を一度「内容を確認」し「閉じる」をクリック
「承認して進む」をクリック
書面を確認していないと進めないので注意

メールアドレス
パスワードを登録
その下の基本情報を入力していきます

楽天銀行に接続をクリック

楽天銀行にログイン

それぞれ入力します

このような流れで楽天銀行と連携して口座が開設できます。

今後何か仕掛けがあると、口座開設もいっぱいいっぱいで時間がかかる事もありますので、スムーズに開設できる今のうちに開設しておくのもいいですね。

 

おすすめの記事